【一人暮らし→同棲】引っ越し前にやるべきこと8選!費用をかけずに処分しよう!

今年、一人暮らしから同棲を始めました。

その経験をもとに、引っ越し前に行ったことや引っ越し前にやるべきことを解説します。

一人暮らしから同棲を行う人には参考になると思うので、ぜひチェックしていってね!

※この記事では、引っ越し先の住所、引っ越し日が決まっていることを前提としています。

この記事で分かること
  • 引っ越し前にやるべきことが分かる
  • 同棲する人と準備するべきことが分かる
目次

【一人暮らし→同棲】引っ越し前の8つのやるべきこと

※実際におこなった順番で書いています。

おきの
おきの

一人暮らし歴約8年間、色々と準備が必要でした。

特によかったのは、引越し侍を使ったこと!

引越し侍は、引っ越し業者を無料で比較できるサイトです!

最初の見積もりより5万円安い引っ越し業者を探すことができました!

\ 最大10万円キャッシュバック /

引っ越し前にやるべきことは、大きく分けて8つあります。

おきの
おきの

引っ越し前に、この8つのことを行っていれば、特に問題なく引っ越しが進みました!

家具家電の処分

まず初めに行ったのは、家具家電の処分です。

机やテレビ、ベッドのフレームなどの、今後使わないものを処分しました。

家具家電の処分は、引っ越しギリギリに行うものじゃないの!?

おきの
おきの

家具家電の処分は1番初めに行うといいことあるよ!

皆さんが思い浮かぶ家具家電の処分ってこれじゃないですか?

  • 買取センターに頼む
  • 市のゴミ収集でお金を出して処分する
  • 引っ越しの日に、新しい家電メーカーが届けてくれると同時に処分

これらに頼むと、お金がかかってしまうことが多いですよね。

新しい物だと買取してくれますが、使い古したものは処分料がかかってきます。

地元の掲示板ジモティーで費用をかけずに処分!

そこで私は、「地元の掲示板 ジモティー」を使って家具家電を処分しました!

POINT
  • 北海道から沖縄まで「日本全国で使えるアプリ
  • ジモティーでは、自分で指定した場所に購入者が取りに来てくれる
  • ジモティーでは、取り引き日を指定できる
  • 送料や処分手数料がかからない!

どれもこれも使い古した物なので、本来であればお金をもらえるものではありません。

しかし、ジモティーで購入する人にとっては、お店で買うよりは格段に安いのです!

中古の使い古した物でも、お店で買うよりは安い。

そんな人が購入して、引き取りに来てくれます♪

\ 公式ホームページ /

Wi-Fiの解約

一人暮らしで契約していたWi-Fiが、新居では対応範囲外だったのでWi-Fiを解約しました。

引っ越しする月の1ヵ月以上前に解約手続きをしていなければ、翌月分も払わなければならなかったので、1ヵ月前に解約の手続きをしました!

解約手続きをしても、機器を返却するまで追加料金を支払うことなくWi-Fiを使うことができました♪

※解約金の請求はありました。

おきの
おきの

解約金は、1ヵ月分のWi-Fiの料金でした!

なので、最後の月はWi-Fi料金2ヵ月分の請求がきました。

引っ越し先では、彼が一人暮らしで使っていたWi-Fiは金額が高かったので、解約してもらって、一緒に新規契約をおこないました。

光回線の工事は引っ越し当日に設定し、引っ越しの日からWi-Fiが使える環境でした♪

引っ越し先で使う家具・家電の購入

引っ越しの日から家具・家電を使いたかったので、1ヵ月前から探しました。

2人で話し合い、使えるものはそのまま使おうということで、掃除機やテレビ、掛け布団などは残しました。

購入した物
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • ガスコンロ
  • ダブルベットのフレームとマット
  • ダイニングテーブルとイス

引っ越し当日にそれぞれの家具メーカー、家電メーカーに届け時間を指定していたので、スムーズに納入することができました。

カーテンや絨毯などは落ち着いてから購入しました。

引っ越し業者の決定

引越しの1ヵ月前ぐらいに引っ越し業者を比較し、引っ越しの予約をしました!

比較するときに使用したサイトは「引越し侍」というサイトです。

私たちが知っている大手の引っ越し業者は、ブランド力やCM料金があるので金額は高めです。

引越し侍では、アート引越センターやサカイ引越センターなどをはじめ、地域の引っ越し業者を含めて全国340社以上から、引越しする日に動ける業者を出してくれます。

引越し侍で比較すると、地元の引っ越し業者もいれてくれるので、金額が安い業者を発見できました。

このサイトを利用して、「引越し侍」で1番安く見積もりを出してくれた業者を選びました。

おきの
おきの

見積もりでは、一番高い価格と低い価格で5万円もの違いがありました

お得に引っ越し業者を選びたいという人にピッタリのサイトです!

引っ越し完了後にアンケートに答えると、最大10万円のキャッシュバックのチャンスがあります。

利用した後は忘れないように応募してくださいね!

合わせて読みたい
\ 最大10万円キャッシュバック!/

ライフラインの解約と契約

1ヵ月前に、電気、ガス、水道の解約を電話で行いました。

全て引越しの前日の日の夜に解約するようにしました。

ネットで解約手続きができる会社もあるので、確認してみてください♪

おきの
おきの

もし自分が契約している電気、ガス、水道の会社が分からなかったら、契約した不動産や大家さんに確認してみましょう!

そして、引越しの1週間ぐらい前に、電気、ガス、水道の契約もしました!

電話で契約すると、1度使ったあとに封筒などで請求がくるようです。

請求がきてから、クレジットカード払いに切り替えました♪

転出届の手続き

転出届は、引っ越す前の市役所で行う手続きです。

「この市を出ます。」という届け出です。

原則、引っ越す前に行わなければなりませんが、引っ越した後14日以内であれば受理してもらえます。

自治体によっては郵送で行っているところもあるので、市役所に確認してみましょう♪

引っ越し完了後、引っ越した先の市役所で転入届の手続きも忘れずに! 

おきの
おきの

転出届も転入届も、並んでいなければ5分程度で終わります!

私は引っ越しの1週間前に手続きを終わらせました。

届け出を忘れてしまうと……

転出届、転入届を忘れていると、のちにトラブルが発生するかも。

  • 罰金が発生する可能性がある
  • 新しい住所先の選挙に投票できない
  • 確定申告の手続きを旧住所でおこなうことになる
【まとめ】市役所での手続き

引っ越し前:引っ越し前の住所の市役所で転出届の手続きをおこなう

引っ越し後:引っ越し後の住所の市役所で転入届の手続きをおこなう

忘れないようにしましょう~!

郵便局での転居・転送サービスの申請

転居・転送サービスは、郵便局がおこなうサービスです。

転居・転送サービスについて
お引越しの際には、転居届を、お近くの郵便局窓口、ポスト投函、インターネット等でご提出いただくことで、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送します。
引用:https://www.post.japanpost.jp/service/tenkyo/

申請する方法は2つあります!

  1. 郵便局やポスト投函で申請する方法
  2. インターネットで申請する方法
おきの
おきの

オススメは、2.インターネットで申請する方法!

インターネットでの申請は、ゆうびんIDが必要です。

ゆうびんIDの登録方法は、住所やメールアドレスなどの必要事項を打ち込むだけです。

ゆうびんIDがあると、今後再配達のときもスムーズにおこなえるので、これを機会に登録することをオススメします♪

私はこの転居・転送サービスの申請を引っ越し後に行ったので、友人の結婚式の招待状を受け取れなくなるところでした……。

転居届提出から転送まで1週間かかることもあるので、1週間前には申請を行いましょう

郵便局|転居・転送サービスについて

引っ越し前にするべき同棲の心構え

引っ越し前に、一人暮らしが長かったので、人と暮らすことに不安を感じていました。

おきの
おきの

家事はどちらかに偏ったりしないかな?

家賃や生活費などはどうやって分けたらいいの?

なんてことを考えていました。

同棲が始まるまでに、不安なことはすべて話してしまいましょう!

話し合ったこと
  • 家賃や生活費の金額をどのように分けるか
  • 家事をどのように分けるか
  • 車の保険や車にかかる経費はどうするか
  • お願いしたいこと(猫が飼いたい、ご飯作るのだけは勘弁、など)
  • 同棲を始める時に欲しいもの、欲しくないもの(冷蔵庫は欲しいけどテレビは既存のものでいい、など)
  • 同棲の不安や、今の気持ち、モチベーションを正直に話す

お金については、クレジットカードの関係もあって、いつのまにかどちらかが多く払ってしまっている、ということもあるかと思います。

なぁなぁになっていると、いつか我慢している方が爆発しちゃいます。

数百円の単位から、どちらが負担するかきちんと話しましょう!

私たちはカフェに行って長い時間話しました。

同棲が始まって喧嘩や不満がなくこれたのは、最初の話し合いがあったからだと思っています。

【まとめ】引っ越し前にやるべきこと8選

引っ越しがスムーズだと、その後もうまいこと進みやすいです!

引っ越し当日に段取りが悪くて初日から喧嘩……なんて最悪です。

ジモティーや引っ越し侍を使って、上手に引っ越ししてくださいね!

\ 料金比較で引っ越し料金を下げる! /
合わせて読みたい
]]>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

身近なものを紹介しているブログです♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次